止まらない水のトラブルはどうしたらいい

トイレを使用してからだいぶ時間が経っているのに、再度利用しようと入ったらチョロチョロと便器に水が流れていて止まらないという水のトラブルに遭遇した経験がある方も多いのではないでしょうか。居酒屋などでトイレの数が少なく、ひっきりなしに客が使用するトイレでは、洗浄レバーが戻らずにずっと水が流れているということもあります。しかし、家庭内ではそのような状況になることはないため、止まらない水のトラブルには何らかのほかの原因がある可能性があります。

■トイレの水が止まらないときはどうする

トイレからの水漏れにはさまざまな原因が考えられます。そのためトイレの水が止まらないという状況になったら、まずはどこから水が漏れているのかを確認しないと適切な対応をすることができません。タンクや便器から徐々に水が漏れている場合は、そのまま放置すると水浸しになって床や壁にダメージを与えるだけでなく、集合住宅に住んでいる場合は階下の住人にも大きな迷惑を与えてしまうことになります。
まず、止水栓を閉めてそれ以上水が漏れないようにしてから確認します。水が漏れて止まらない状況はタンク、便器、給水管、排水管など、どこから漏れているか早急に判断する必要がありますが、わからない場合はすぐに専門業者に来てもらうようにしましょう。

■トイレの水漏れの原因とは

トイレタンクのオーバーフロー管を超えて水が溜まっている場合には、タンクに貯める水を調整するポールタップやピストンバルブに不具合が生じていることが考えられます。長年使用していると部品が劣化することは避けられないため、ある程度の年数が経過したら部品を新しいものに交換する必要があります。
そのほか、便器のヒビや便器に水を送るパイプ、接合部分の不具合など、さまざまな原因が考えられますが、素人ではなかなか判断できないこともあります。水のトラブルが家庭だけでなく、階下の住人に迷惑がかかる前に専門の業者に依頼して対応してもらうことが大切です。特にタンク内の部品交換や修理を素人が行うとさらに状況が悪化することがあるので注意しましょう。

■まとめ
水回りにはさまざまな場所がありますが、水を止めることができずに垂れ流しの状態が続くのは、深刻なトラブルに発展する可能性があります。特に汚水が漏れるおそれもあるトイレで、長く水漏れが続くのは衛生的にも問題です。突然水が止まらなくなったらパニックになりますが、慌てずに止水栓を閉めてから故障箇所を特定しましょう。素人では修理が困難なことが多いため、専門的な技術や知識をもつプロに依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ