トイレの排水管が詰まったという深刻な水のトラブルには

家族全員が1日に何回も利用するトイレで排水管が詰まったらどうしますか。タンクなどからきれいな水が漏れても困りますが、それ以上に汚物が流れずに詰まると大変なことになります。トイレはしばらく使用できないどころか、汚物が逆流してきて悪臭や汚物の対応にパニックになってしまうこともあるでしょう。給水管は目に見える部分も多く、不具合が起きている場所を確認することも可能ですが、床の下に埋め込まれている排水管の修理は素人に対応できるものではありません。水のトラブルの専門家に依頼するしかないでしょう。

■トイレの排水管が詰まる原因とは

トイレで用を足して水を流したのに流れない、汚物がそのままに残っていたら慌ててしまいます。トイレットペーパー以外は流さないのが基本ですが、子供が異物を落としてそのまま流したり、水に溶けないティッシュや生理用品を誤って流してしまったりして詰まることもあるでしょう。水に溶けるタイプのトイレットペーパーでも便と一緒に大量に流せば詰まることもあります。
トイレの排水管は床に埋め込んであるため目で見て確認することはできません。また、S字状のカーブを描く部分のある排水管もあり、カーブの部分に異物が滞留しやすいことから、それが原因で詰まることもあります。水が流れても小さなダムのようにせき止められることによって流れなくなって逆流することもあります。

■排水管が詰まったときの対応は

トイレが詰まってしまう原因の特定は素人ではなかなか難しいものです。詰まりを解消するためのアイテムとして一般家庭にあるとしたらラバーカップぐらいでしょう。ラバーカップは空気圧を活用して中から水とともに異物を取り除こうとするものですが、便器から遠いS字状の排水管に滞留しているものまで効果を発揮することはできません。
ラバーカップなどのアイテムを使っても詰まりが解消できない場合は、排水管の劣化や破損なども考えなくてはなりません。便器を一度取り外してから清掃や点検、修理をする必要があることから、個人での対応には無理があります。トイレの詰まりなどの水のトラブルに精通している専門業者に早急に依頼してトラブルを解消するようにしましょう。

■まとめ
家庭で水の流れが滞って詰まりが生じることは意外に多いものです。キッチンや浴室などでも起こることがありますが、それほど緊急性が高いものではなく家庭で処理することができることもあります。しかし、汚物や汚水が流れなくなるトイレでは、使用できなくなるだけでなく衛生面や健康面にも大きな影響を及ぼします。給水管と違って排水管は目に見える部分がなく、便器を外さないと点検ができないこともあります。素人が手を出して取り返しがつかなくならないように、早めに専門業者に依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ