便利な温水洗浄便座で起こってしまう困る水のトラブルとは

温水洗浄便座は、シャワーノズルから水や適温のお湯が噴射されることによって大便の後や生理中にデリケートな部分をきれいに洗浄してくれます。また、冬の寒い時期に便座を温めるだけでなく、消臭や乾燥、自動洗浄機能などが付いたものあり、一般家庭にも広く普及しています。便利で快適なアイテムですが、複雑で精密な電気製品であることによって、水のトラブルや電気トラブルなど困ることが多いのも事実です。ウォシュレット 水漏れなどトラブルが起こったらどうすればいいのでしょうか。

■温水洗浄便座によくあるトラブル

温水洗浄便座を使用する際に困るトラブルには、水が出ない、作動しない、水が漏れるなどさまざまなものがあります。温水洗浄便座は水を使用しますが、同時に精密な電気製品であるということを理解しておく必要があります。突然作動しないと慌てふためいていたら、コンセントが抜けていたり、リモコンの電池が切れていたりということもよくあります。
また、水道管から温水洗浄便座に十分な水が供給されていなかったり、噴射ノズルに不具合が生じたりすることによっても水が出なくなることもあります。思い当たる箇所を点検してみてそれでも状況が改善されない場合は、温水洗浄便座へ水を供給するパイプや接合部分の問題や電子系統の故障の可能性も考えられるでしょう。

■温水洗浄便座のトラブルにはどう対応する

自分でできる限りの対応をしても温水洗浄便座の状態が回復しない場合は、あまり無理して触らない方が賢明です。温水洗浄便座は、水と電気という本来ならばタブーな関係の物を両方扱う機器であり、場合によっては漏電や発火などが生じることもあります。温水洗浄便座の機器故障によるものであれば、メーカーに相談して修理や買い替えなどの対応をするようにしましょう。
給水管や排水管など水道との関係によって不具合が生じている場合は、機器メーカーではなく水のトラブルを専門的に扱っている業者に依頼することが大切です。何が原因かわからないという場合でもとりあえずプロに依頼すると対処法を教えてもらえます。トイレが使用できないといった状況が長く続かないように早めに連絡するようにしましょう。

■まとめ
温水洗浄便座は、快適で清潔なトイレライフには欠かせない便利なアイテムです。しかし、技術の進歩によって機器が複雑化していることもあってトラブルが生じる可能性も高くなっています。水が出ない、流れないというトラブルは一般的なトイレでも起こりうることですが、水だけでなく電気も関係する温水洗浄便座付きトイレの場合は、個人での修理に危険をともなうことが多くなります。事故が発生する前に、専門業者に依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ